my ame

日本の伝統の「組み飴」を新しいコミュニケーションツールに。オリジナルキャンディー製作まいあめ

読みものBlog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も暑い夏がやってくる!熱中症対策飴製造中!

new塩分とって

前回からかなり時間が経ってしまいました。
皆さんお元気ですか、とか、お変わりありませんか、とは、どうも聞きづらい世の中ですが、まいあめのスタッフはこんな状況でも屈せず、今できることをコツコツ、逆に「今しかできないことやろう」を合言葉に日々業務に励んでいます。

さて、
季節外れの夏日が続いたり、天候が不安定な日が続いたり、いよいよマスク生活が苦しく、熱中症が心配な季節がやってきました。

今年も「熱中症対策飴」の製造が始まっています。
味はさっぱり塩サイダー。 今年ももちろん、まいあめスタッフが大好きな「粟国の塩」を使って、「塩分とって」のメッセージを込めました。

熱中症対策には塩分を、とよく効きますが、そもそもなぜ塩分が必要なのでしょうか。
涼しい場所で水分を摂っていればいいのでは・・・? と思う方もいるかと思います。

実は人が汗をかくときは、水分と塩分が一緒に体外へ排出されていて、
汗をかいたからといって「水分だけ」しか摂取しないと、体内の水分・塩分のバランスが崩れて(!)しまいます。そこで身体はどうにかバランスを保とうと、さらに水分を排出しようとしてしまいます。ここから脱水症状が進み、「めまい」「吐き気」「頭痛」を催してしまうのです。

水分はこまめにとることを気をつけている方が多いと思いますが
塩分と、少しの糖分が熱中症予防には大切な理由が納得ですよね。

さらにさらに、汗をかいた時には糖分を摂取することで、水分の吸収が促進されるとも言われています。
糖分が吸収される時に塩分などが一緒にあるとスピーディに吸収され、それにひっぱられて水分も吸収されやすくなるという仕組みです。
水分だけ飲んでいるよりも疲れにくかったりするのはこのためで、スポーツ飲料がこれにあたります。

また、マスクをしていると息苦しさを感じるため、知らず知らずのうちに「口呼吸」となり、意外にも口の中が乾燥し、唾液の分泌が減るとも言われています。
唾液には消化作用はもちろんですが、洗浄作用や免疫作用もあると言われているので、飴で唾液の分泌を促し、すっきり元気な口腔内環境を作っていただければと思います。

暑い場所から涼しい場所への移動を繰り返していると、汗をかいてもすぐ渇いてしまい、塩分不足になってしまっていることも。
喉が渇いていなくても、こまめな塩分補給、水分補給をかかさないように、また、周りの方々へ促す際にもぜひご活用ください。

購入はこちら