my ame

日本の伝統の「組み飴」を新しいコミュニケーションツールに。オリジナルキャンディー製作まいあめ

読みものBlog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新商品【キャンディケーン】とは?!

レッドグリーン

皆さん、クリスマスシーズンになると必ずと言っていいほど目にするこの飴の名前をご存知ですか?

「キャンディケーン」と言います。

----キャンディケイン(candy cane)は、硬い杖(ステッキ)の形のキャンディのことである。赤白の縞になったペパーミント味もしくはシナモン味のものが伝統的だが、味や色、厚みを変えたものも作られている。キャンディケインは北米ではクリスマス前後によく見かけ、ジンジャークッキーマンとともにクリスマスツリーの飾り付けにも用いられるが、それ以外の期間も1年通して目にすることができる。杖形になったのは1670年にドイツのケルン大聖堂の聖歌隊隊長が羊飼いの杖の形にして子供たちに配ったことからという説や、ユール(クリスマスのもととなった祭りの1つ)の木を食べ物で飾るために曲げられたという説などがあるそうです。
wikipediaより引用

このキャンディケーン、毎年数件お問い合わせをいただくのですが、
まいあめではこれまで取り扱いがなく、泣く泣くお断りをしておりました。。

ですが、もしこれをオリジナルカラーで作ることができれば
クリスマスイベントや、企業カラーで製造したいというお客様がいるのでは・・・と一念発起し、
ひとまず今年は基本カラーの「ホワイト×レッド」、「レッド×グリーン」で販売を決意したのでした。

キャンディケーンのページはこちら▼▼
candycaneビジュアル

製造の様子はこんな感じ。
今流行りのGIFアニメーションにしてみました。

はさみ

曲げ

1本1本手で柄の部分を曲げていきます。
コツと経験がモノをいう絶妙な力加減で、検品する職人の目も光ります。

レッドグリーン組み立て

レッドグリーン曲

こう見るとクリスマス感が出てワクワクします。

並べ

レッドグリーン検品

今年はひとまずこの2パターンの配色でチャレンジ。
来年、いろいろ世の中が落ち着いて、クリスマスのイベントがたくさん開催されることを祈って。

こんなご時世、新しいことにチャレンジするのが億劫になってしまいそうですが、
どんな時もチャレンジ精神を忘れず、いろいろなことに挑戦していきます。

ちなみに今年は、すでに出来上がっているこちらのキャンディケーンもご購入いただけますので、是非。

オンラインストアこちら