my ame

日本の伝統の「組み飴」を新しいコミュニケーションツールに。オリジナルキャンディー製作まいあめ

読みものBlog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

のど飴への思い 〜機能的価値と情緒的価値〜

手洗いうがい飴製造

今まで、まいあめでは「のど飴」を既存の商品として販売していませんでした。
大手メーカーの商品の方が機能的に価値があると思っていたからです。
しかし、先の緊急事態宣言を受け、なにかできることを、、、 と考え「手洗いうがい飴」を無料配布、その後販売を開始してみると、予想を遥かに超える、多くのお客様からの購入依頼がありました。

製造_手

手洗いうがい飴を手にしたお客様からは

「私はコールセンターで働いており、 テレワークがどうしてもできない環境にいます。
「手洗いうがい飴」はコールセンターで働く皆で分け合って、 注意喚起しながら楽しめればと思っております。」
「宅配のドライバーです。普段から多くの人に接する仕事なので、 会社の全員に配って健康管理に気をつけたいと思います。」

このようなお言葉をいただき、はっと気づくことがありました。
これまで、「のど飴は大手メーカーにかなわない、作ってもあまり意味がないのではないか。」と思っていましたが、世の中には、テレワークなどリモート化が進む中で、リモート化が難しい職種もあること、そういう方達が業務をする上で、職場の皆さんに注意喚起しながら配ったり、先の見えない状況の中で頑張れるきっかけを作れたり、そういうメッセージを込められる飴、それが「手洗いうがい飴」の役割なのかもしれない。そう気づけたのです。

製造_組み上げ

もちろん、目に見える機能面で大手メーカーに劣ってしまうのは前述したとおり、まいあめでは明確な機能性を持たせたり、健康食品としての機能などは、持たせることができません。
ですが、飴の中に「手洗いうがい」「カラダ大事に」「健康第一」などといった、相手を思いやるメッセージを載せることで、市販の飴には出すことが難しい情緒的な機能を持たせることができているのではないかと思うのです。

手洗いうがい検品_ブログ

これからまた寒い季節を迎えます。昨年以上に感染予防、健康に気を遣う世の中になるはず。 プライベートでもビジネスでも、関わる人の健康を守り、願いながら相手を気遣うことができれば。そんな飴を作り続けていけたら、そう思っています。 また、現在まいあめでは「のど飴」以外にも健康的機能価値を付けた飴を製造することができないか、研究や試作品の開発などを進めています。 商品化の報告を楽しみにお待ちください!