1. ホーム > 
  2. まいあめについて > 
  3. 組み飴でどこまで再現できるか?

まいあめとは

組み飴でどこまで再現できるか?

印刷物のように原画通りに再現することはできません

組み飴の絵柄は、その絵柄に必要な色を切り分けた飴に色づけし、たくさんの細長いパーツを作り、全てのパーツを丸太状に組み上げて作ります(詳しくは「まいあめができるまで」をご覧ください)。

最後にその丸太状の飴を2cmの太さに引き伸ばしてカットすることで一口サイズの飴が完成しますが、これらの過程はすべて職人の手作業です。そのため、出来上がりの飴の絵柄を、印刷物のように原画通りに再現することはできません。

新宿御苑

「まいあめ工房」がこれまでに手がけた漢字の組み飴のうち、
最高難度のものの一つ、「新宿御苑」。
画数の多い漢字が4文字、しかも改行部分の上下余白の分、
文字に使えるスペースが通常以上に小さかった。

どのくらいまで原画を再現できるのか?

まいあめのデザイン画(お客様入稿の原画を元に、まいあめ工房にて作成・ご提案する「組み飴としてのデザイン画」で、製造現場でも使用する、まいあめの設計図です)と、実際に完成したまいあめの例です。

絵柄の製造可否の判断と組み飴用デザインのご提案

まいあめ工房では、お客様にご入稿いただいた原画から、組み飴作りのためのデザイン画を作成し、ご提案します。

デザイン画は、まいあめ工房専任の組み飴デザイナーが、営業担当や組み飴職人たちと相談しながら作成しますが、

  • 組み飴として製造できる絵柄の複雑さの限度
  • 特定の色同士の飴を組み合わせたときの、独特の発色のしかた
    (元々透明な飴は光を通しますので、隣り合った色同士が干渉し合います)
  • 組み飴ならではのゆがみ方や曲がり方を踏まえた、組み飴にマッチした表現

などに配慮しながら、お客様がご希望の絵柄とデザインで表現なさりたい意図や、一番にお伝えになりたいメッセージが、完成した飴からできる限り伝わるようなデザインを心がけています。

まいあめデザイン画作成のプロセス

富士スピードウェイ株式会社様のキャラクター『チェカ』のまいあめ制作を例にご説明します。

1.原画のご入稿

お客様からキャラクター一式のpdfファイルが送付され、その中から3キャラクター、『レーシングドライバーチェカ』3種類のご依頼がありました。

レーシングドライバーチェカ
2.原画の再現範囲の確認
各キャラクターの顔の部分のみを組み飴に

各キャラクターの顔の
部分のみを組み飴に

飴の絵柄は直径約20mm、外周を除くと約15mmの中に組み込みますので、スペースの制約があります。ご入稿いただいた原画の絵柄のうち、組み飴として製造する部分を確認します

今回の絵柄でいえば、キャラクターの全身を入れることはできません。それぞれのキャラクターの顔の部分のみを組み飴として製造することをお客様にご説明し、了承いただきました。

3.組み飴製造用のデザイン画作成とご提案

組み飴では、印刷物のように細かな表現がしにくく、あまり細部にこだわりすぎますと全体の完成度が落ちたり、絵柄として印象が薄い(面白みのない)ものになってしまったりします。

そこで組み飴用のデザイン画は、組み飴ではもともと再現不可能な部分に変更・省略を加えたり、原画の「絵」として最も特徴的な部分をより強調・デフォルメして表現することで飴の絵柄全体から受ける印象を原画に近づけたり・・・といった工夫をしながら作成し、ご提案します。

今回の『レーシングドライバーチェカ』の例では、ご入稿いただいた原画に

  • ヘアスタイルの細かい部分を大胆に省略する
  • グラデーションができないので単色にする
  • 判別しにくい色の組み合わせを省略、変更する
  • 汚く見える黒い罫線を可能な限り省略し、必要な場合は透明な罫線を入れる
    (透明な罫線の部分は、隣り合った着色された飴が光を遮ることで暗く見えるため、程よい自然なラインになります)

など変更・修正を加えて作成しました。

作成・ご提案した組み飴用デザイン画

作成・ご提案した組み飴用デザイン画
(水色部分は透明な罫線)

絵柄のデザインと同時に、それぞれの飴でメインとなっている色にマッチした味のご提案もいたします(発注時に特にご指定がなく、提案をご要望の場合)。

承認いただいた上記デザイン画を元に製造し、完成したまいあめがこちら。

  • チェカ飴 1
  • チェカ飴 2
  • チェカ飴 3

絵柄の再現度合いや、手作り飴の持つ独特の風合いや温かみなどに、とても喜んでいただくことができました。

デザイン画を元にした組み飴作り

企業のロゴマーク(株式会社メトロール様)の組み飴用デザイン画制作から、そのデザイン画が実際の製造現場で飴になっていくプロセスをご覧ください。

お客様からご入稿いただいた原画(JPEG画像)。この画像のうち、左側のマーク部分をまいあめにできないか、とご相談がありました。
左ロゴを元に作成したまいあめ工房が作成・ご提案したデザイン画が右です。

左:ロゴ 右:ロゴを元にまいあめ工房が作成・ご提案したデザイン画

インディゴブルーの山形、左右下部のハネや右肩の「R」マークを省略した以外は、ほぼそのままに再現。アルファベット部分は、一般的なゴシック(サンセリフ)体ですので製造可能と判断しました。

文字部分のみで40パーツ

7+7+4+8+6+3で35パーツ、それに文字間を仕切るスペーサーのパーツがありますので、文字部分のみで40パーツです。山形の部分などすべてを含めると総パーツ点数が50パーツを越える、かなり難易度の高い組み飴制作になりました。

「まいあめ」のデザイン画は、そのまま組み飴製造の設計図に

「まいあめ」のデザイン画は、そのまま組み飴製造の設計図に。
製造にかかる直前、組み飴職人は飴のパーツ割りを自らの手で行いながら、
各パーツ作りや組み上げの手順など、全工程の作業イメージ頭に入れる。

製造中は随時、設計図であるデザイン画をチェックしながら、正確にすばやく作業を進めていく

製造中は随時、設計図であるデザイン画をチェックしながら、
正確にすばやく作業を進めていく。製造がスタートした後は、
ほぼ一瞬も手を止めることなく一気に作業する。

組み上がった文字部分

組み上がった文字部分。周囲上下左右のスペーサーまで含めると
この部分だけでも44パーツというパーツ点数だ。

設計図どおり組み上げても、飴は自重で気泡が練り込まれた柔らかい白い部分からどんどん潰れていく

設計図どおり組み上げても、飴は自重で気泡が練り込まれた柔らかい
白い部分からどんどん潰れていく。一瞬たりとも手を止められない。

設計図どおり組みあがった後も繊細ですばやい作業が求められる

設計図どおり組みあがった後も繊細ですばやい作業が求められる。
飴を伸ばし、カットする工程でも、失敗すれば飴の絵柄は崩れてしまう。

直径約20mmに伸ばされた、カットされる前の飴

直径約20mmに伸ばされた、カットされる前の飴。
絵柄も文字も見事に再現されている。

幅約10mmの一口サイズにカットされ、完成した「まいあめ」

幅約10mmの一口サイズにカットされ、完成した「まいあめ」。
一つひとつ違った飴の表情に、手作りの温もりが宿る。

「まいあめ」の製造過程については、「まいあめができるまで」のページでも詳しく解説しています。是非ご覧ください。

お問い合わせ・お見積り・サンプル請求はこちら

ご注意!ご相談はお早めに!

「まいあめ」は100%手作りの、完全オーダーメイドのキャンディーです。
職人が一釜分ずつ組み上げて制作するため、一時期に受注・生産できる数は限られています
ぜひお早めにご相談ください。

  • お問い合わせ・見積り依頼フォームへ
  • サンプル請求フォームへ

電話でのお問い合わせは

052-532-1211

祝祭日を除く月~金9:00~17:00

定休日のご案内

2017年05月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

2017年06月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30